パンタナルレッドピンネイト オレンジの赤みが美しい水草

1.特徴
2.育て方
3.成長記録

1.特徴

パンタナルレッドピンネイトは細い葉をした、オランダプランツによく似た水草です。オランダプランツよりオレンジがかった赤みの色になります。葉の長さは、2.5㎝~4㎝ほどの長さになります。環境によっては大型に成長します。色は明るいグリーンから、黄色がかったオレンジ、赤まで育成環境によって色を変えます。赤く染まったパンタナルレッドピンネイトは非常に美し水草です。レイアウトでは中景では数本を植栽してワンポイントとして使うことができます。後景ではパンタナルレッドピンネイトの赤い美しい茂みをつくることができます。

パンタナルレッドピンネイト
パンタナルレッドピンネイト

別名
学名 Ludwigia inclinata var./verticillata Pantanal
難易度 C-D
照明 普通~高い
CO2 普通~高い
PH 6.0-7.0
KH 0-2.0
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型~大型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

パンタナルレッドピンネイトは軟水を好む、南米産有茎草です。底床はソイルで軟水の環境を用意することがポイントになります。成長は比較的緩やかですが、環境によっては早く育ちます。また環境変化に合わせ葉が縮れたり小型化したりします。CO2、光量は高めを要求してくる水草です。赤みを出すには光量と、CO2量が重要です。栄養分と光量が十分でもCO2が不足ていると赤みがでなかったりすることがあります。CO2の量は、水槽全体の水草が光合成の酸素の放出が見られる程度の添加が理想です。CO2、光量、栄養分の3つがそろうと、美し赤い葉が展開していきます。

トリミング・増やし方

トリミングは、カットした部分に光量が確保できる高さでトリミングしていきます。カットした部分から脇目が展開して増えてきます。草の茂みにボリュームを付けたい場合は、カットした上部を差し戻します。

枯れる・溶ける

育成の環境が整わらないと成長がとまり、葉が小型化して枯れたり、溶けたりしていまうことがあります。育成はソイルを使った軟水(KH1以下)、CO2添加(光合成の気泡が見られる)がポイントになります。



3.成長記録



コメントを残す

error: Content is protected !!