キョーリン ひかりクレスト カラシン ネオンテトラやチビコリに最適な餌

1.特長
2.使い方
3.使用感

1.特長

キョーリン ひかりクレスト カラシンは小型熱帯魚向けの顆粒の沈降性があるタイプの餌です。製品パッケージには次のような特長が記載されています。優れた嗜好性:水中をただようようにゆっくりと沈み、視認性に優れた赤色粒が魚を引きつけます。バランスのとれた栄養価:動物性原料と植物性原料をバランス良く配合。色揚げ成分が美しい体色を維持します。幅広いサイズの魚に対応:やや大きめの粒サイズと口当りの良いやわらかな食感。ネオンテトラからグラミーまでより幅広いサイズの小型熱帯魚に対応。様々な魚種が入った混泳水槽に最適です。

2.使い方

小型熱帯魚は運動量が多く、たくさんのエネルギーを消費しますから、1日2回~3回、数分で食べきる量を与えてください。

3.使用感

フレークの状の餌と比べて沈降性のあるタイプの餌は、下層を泳ぐコリドラスなどにも餌が届きやすいのがメリットがあります。また栄養価も高く、色揚げ効果も高い印象を受けます。小型熱帯魚の口に入るサイズなので与えやすい餌です。デメリットは栄養価が高い為、フレーク製品の餌と比べ水質が汚れやすい、油膜が出やすい印象があります。水草水槽で小型熱帯魚を中心に飼育していますが、餌の与え方は、1日1回、2~3分で食べ終わる量を与えています。1日1回の理由は水質悪化を防ぎコケの発生を減らすこと、また与えすぎによる熱帯魚のメタボを防ぐためにしています。

キョーリン ひかりクレスト カラシンを食べるゴールデンハニードワーフグラミー
キョーリン ひかりクレスト カラシンを食べるゴールデンハニードワーフグラミー



キョーリン ひかりクレスト カラシンを食べる小型熱帯魚たち
キョーリン ひかりクレスト カラシンを食べる小型熱帯魚たち
沈んできたキョーリン ひかりクレスト カラシンを食べるコリドラス・ハブロースス
沈んできたキョーリン ひかりクレスト カラシンを食べるコリドラス・ハブロースス
餌によって浮かんでくる症状を改善

フレークのみを与えていると、大食なネオンテトラやダイアモンドネオンテトラなどは、お腹をパンパンにさせてしまい、頭を下にして体(体を斜や縦にして)をが浮かんでくるの防ぐように泳ぎます。この症状をひかりクレスト カラシンを与えてからすっきり改善しました。やはり正常な泳ぎのネオンテトラのほうが見ていて落ち着きます。

浮力がついて浮き上がってしまうダイヤモンド・ネオンテトラ
浮力がついて浮き上がってしまうダイヤモンド・ネオンテトラ
泳ぎが改善して正常な泳ぎになったダイヤモンド・ネオンテトラ
泳ぎが改善して正常な泳ぎになったダイヤモンド・ネオンテトラ


12 thoughts on “キョーリン ひかりクレスト カラシン ネオンテトラやチビコリに最適な餌

コメントを残す

error: Content is protected !!