キョーリン ネオプロス 小型熱帯魚に与えやすい沈降性があるフレークタイプの餌

メインの60cm水槽で与えているキョーリン ネオプロスを紹介します。

1.特長

商品説明には次のように記載されています。水とろ材の汚れをおさえる!生きた菌で水の汚れを抑制する熱帯魚用フードです。綺麗な水を保つだけでなく、栄養価が高く嗜好性も抜群の高機能フードです。是非お試しください。

キョーリン ネオプロス
キョーリン ネオプロス

  • 水の汚れをおさえる:“ひかり菌”が魚の体内から生きたまま排泄されてフンを分解。食べ残しを“ガーベッジバスター菌”が分解
  • ろ材の汚れをおさえる:ろ材の汚泥を分解し、目詰まりを軽減。
  • 無着色で水キレイ:無着色のため水槽水に色素が移りません。
  • 食いつきバツグン:旨味を追求し、嗜好性を従来比153%にUP。
  • 消化をサポート:2つの生菌が腸でエサを消化吸収しやすい形に分解。
  • 健康をサポート:“ひかり菌”が腸のバランスを整えます。
  • 水環境を改善:“ひかり菌”がエロモナス菌などを抑制。
  • 強力色揚げ:色彩の美しい魚種を、深みのある鮮やかさに。
原材料

フィッシュミール、グルテンミール、大豆ミール、でんぷん類、イカミール、ビール酵母、オキアミミール、乳化剤、小麦粉、オキアミエキス、魚油、卵白粉末、シルクワーム、海苔、スピルリナ、カロチノイド、アミノ酸(メチオニン)、生菌剤(ひかり菌、GB菌)、ファフィア酵母、ビタミン類(塩化コリン、E、C、イノシトール、B5、B2、A、B1、B6、B3、 K、葉酸、D3、ビオチン)、ミネラル類(Fe、Mg、Zn、Mn、Co、 Cu、I、Se)

ネオプロスの保証成分

粗蛋白質:48%以上、粗脂肪:8%以上、粗繊維:1%以下、粗灰分:11%以下、りん:0.7%以上、水分:10%以下、

2.使い方

商品説明には次のように記載されています。1日数回、2~3分で食べきれる量を与えてください。水草動画では、1日に1回、2~3分で食べきる量を与えています。



3.他の製品との違い

テトラのフレークのと違いは、餌の色、浮遊性が大きく違っています。餌の色は、テトラのフレークの方が赤、茶、緑とカラフルです。また浮遊性はキョーリン ネオプロスの方が、沈降性が強くしばらくすると沈んでいきます。ネオンテトラやシルバーチップなど食べすぎて体が浮かんできてしまう熱帯魚にはネオプロスが適しています。食いつきは、テトラのテトラミン スーパーやテトラ カラシンベーシックの方がよく感じます。キョーリン ネオプロスは、慣れるまでは口にしても吐き出してしまう魚がいます。キョーリン ネオプロスは2~3週間も与え続ければ食いつきもよくなります。キョーリン ネオプロスを一か月間与え続けた印象としては、色の揚がりはよく感じます。キョーリン ネオプロスは、沈降性がある程度あるので餌を多めに与えることでコリドラスにも餌が届きやすいタイプのフレークです。

保証成分比較 キョーリン ネオプロスとテトラミン(カラシンベーシック)
保証成分比較 キョーリン ネオプロスとテトラミン(カラシンベーシック)

4.使用感

キョーリン ネオプロスを与えている60cm水槽は60cm×45cm×45cmのサイズに2cm~5cmの小型熱帯魚が100匹程度いる水槽です。これまではキョーリン ひかりクレスト カラシンを与えていました。ネオプロスを選んだ理由は、コケを抑え水草水槽に適した餌という期待感で今回の製品を選びました。コケの影響は、同じタイプのフレークのテトラミン スーパーやテトラ カラシンベーシックと比べて差ほど大きな違いは感じられません。他の餌同様に、食べ残った餌や糞は分解されて硝酸塩が蓄積するので硝酸塩やリンの蓄積に比例してコケは発生します。結果としては、コケの抑制への期待する結果は得られませんでしたが、餌はよく分解されるようで、掃除した際に餌や餌の色の糞が残ることは少ないように感じます。

キョーリン ネオプロスは、蓋が開くようなタイプになっています。慣れるまで蓋の口が大きい為大量に餌が水槽に入ってしまうことがあるので注意が必要です。容量は小さいタイプの50gを購入しています。鮮度を保ちたいため、なるべく小さいタイプを購入しています。

色の揚がったホワイトフィンロージーテトラ
色の揚がったホワイトフィンロージーテトラ
色の揚がったレモンテトラ
色の揚がったレモンテトラ


5 thoughts on “キョーリン ネオプロス 小型熱帯魚に与えやすい沈降性があるフレークタイプの餌

コメントを残す

error: Content is protected !!