購入前に知っておきたいツインスターのコケの抑制効果

2019年9月21日

水草動画は怒ってますヽ(●`з´●)ノ 。ツインスター2 M5という製品の動画をYoutubeで見て、立ち上げ時のアオミドロの抑制効果がものすごくあり、これは是非レビューして紹介したい!!と思い購入しました。結論から言うと、ツインスターのコケの抑制効果や、除去効果は全く感じられなく、非常に残念な結果になってしまいました。しかしツインスターの効果がまったく感じなかったことより、今回のチャームさんの対応が残念すぎたという悲しい記事になっています。。

1.ツインスターの特徴

ツインスターは今回購入したM5以外にも水槽サイズによってNANO、YOTTA+など複数の種類が販売されています。ツインスターは海外製品(韓国製)ですツインスターの製品の特長や価格については、こちらの販売店のチャームさんでご覧ください。
icon

水草動画が見て衝撃を感じて、購入のきっかけになった動画はこちらになります。

新規の立ち上げ時のアオミドロの発生が見事に消えていますね。ここまで効果があるなら是非使ってみたいと思いますね。

次の効果のあるコケの種類と効果のないコケの種類は、ツインスター社から頂いたマニュアルに記載されていたデータになります。

効果のあるコケの種類

コケの種別抑制率 – Hair/Thread algae : 95% – Brown Algae : 90% – Blue green : 80% – Fuzz algae : 80% – Green Dust algae :80% – Green spot : 85%
効果のあるコケは糸状のコケ/アオミドロ:95%、茶ゴケ:90%、ガラス面に付く緑のコケ:80%です。上記の動画の水槽のツインスター設置から35日目に顕微鏡で比較した結果だそうです。

効果のないコケの種類

効果の出ないコケ – Black brush / Beard – Green water(Eugleana)
黒髭コケとグリーンウォーターには効果がないということになります。

2.ツインスターの効果の検証

水草動画の検証では、3本の水槽で効果を確認しました。

ツインスターの泡が水槽全体に霧状にかかった状態になる

新規水草水槽 生体無し

新規の水槽立ち上げデータ(生体は何も入れていません。) 水槽は、ツインスターの動画のように同様に、強い光量とCO2を添加した水草水槽になります。初期のソイルの栄養分が原因で、コケが発生しますが、水替えによりコケの発生の原因の栄養分を除去しています。記載した水質データからもわかるように、コケがでずらい水質管理された水草水槽で、ツインスターのコケの発生の抑制効果を検証しました。

1日目

ツインスターの説明書どおり、設置しています。泡が水槽全体に届くように設置しています。

ツインスターは24時間稼働

経過 硝酸塩 亜硝酸塩 リン酸塩 アンモニア 水温 水替え回数
1日目 10ppm以上 0.01ppm 0 0.5ppm 24℃ 水槽の1/3水替え×延べ0回後の水質測定

※水質測定は、アクアリウムものではなく共立理化学研究所のテスターを使用して測定しています。

6日目

水槽には変化なし。

ツインスターの稼働から6日後 変化なし

経過 硝酸塩 亜硝酸塩 リン酸塩 アンモニア 水温 水替え回数
6日目 1ppm以上 0.005ppm 0 0.2ppm以下 24℃ 水槽の1/3水替え×延べ2回後の水質測定
13日目

13日目で茶ゴケが発生します。茶ゴケの抑制効果は感じられません。この時点でアンモニアは0ppm、亜硝酸塩は0ppm、硝酸塩は0.2ppm程度の水質です。

ツインスターの稼働から13日後 茶ゴケが発生

経過 硝酸塩 亜硝酸塩 リン酸塩 アンモニア 水温 水替え回数
13日目 0.2ppm以下 0 0 0 24℃ 水槽の1/3水替え×延べ4回後の水質測定
18日目

3週間目以降は、生体がいない場合は水替えによってコケの原因となる硝酸塩やリン酸塩は、2週目の値まで下がった場合はほぼ0になるので、測定はしていません。3週間目以降も週2回の水替えをしています。 18日目になるとアオミドロが発生しだします。ツインスターの効果はまったく抑制効果は感じられません。

ツインスターの稼働から18日後 アオミドロが発生

31日目

ツインスターの稼働から31日後 水槽全体がアオミドロ大発生します。水替えの際は、発生したコケをプロホースやコケクロスで綺麗に拭き取っていますが、コケの発生の抑制効果は感じられません。一か月間繰り返し、コケを除去して効果を確認しましたが全くコケの抑制効果は感じられませんでした。

ツインスターの稼働から31日後 水槽全体がアオミドロ

34日目

ツインスターの稼働から34日後 糸状のコケ、アオミドロ、黒髭ゴケが確認。その後全く効果が無く、コケは増えるので検証終了しています。

ツインスターの稼働から34日後 水槽全体がアオミドロ

藻類を別の方法で除去

その後のオキシドールによる除去方法により1週間でコケの抑制効果を感じでき、数週間でコケを完全に除去しました。その後の水槽の様子です。(特に水替え頻度やなどは変えていません、コケ取り生体などもいれていません)

オキシドールにより抑制した結果のその後の水槽の様子

60cmワイド水槽

60cmワイド水槽はRO水で管理した長期にわたり安定した水槽です。ガラス面のコケの抑制効果を確認した水槽は下記の動画の水槽になります。ヤマトヌマエビ、オトシンクルス、サイアミーズフライングフォックスがいます。結果としては、ガラス面のコケの抑制効果はまったく感じられませんでした。

硝酸塩 リン酸塩 水替え回数
2ppm 0.1ppm 週2回 水槽の1/3を水替え
45cmキューブ水槽

45cmキューブ水槽は1年以上経過したソイルで立ち上げた水道水で管理した水槽です。ガラス面のコケの抑制効果を確認した水槽は下記の動画の水槽になります。ヤマトヌマエビ、オトシンクルスがいます。結果としては、ガラス面のコケの抑制効果はまったく感じられませんでした。

硝酸塩 リン酸塩 水替え回数
1ppm 0ppm 週2回 水槽の1/4を水替え

水質測定は共立理化学研究所のテスターを使用して測定しています。

3.販売店・代理店の対応と回答

水草動画の質問は、購入したツインスター製品のコケ抑制効果が全く感じられなく、その原因は「使い方が悪いのか?」または「製品に問題があるのか?」という問い合わせをしました。問い合わせの際には、水草動画が検証した内容も報告しています。回答は、何度かやりとした後の最終的な回答の内容になります。

チャームさんの回答

お申し出をいただきました「ツインスター2 M5」につきまして、弊社での独自の検証対応を行う判断にいたらず、水草動画様にご納得いただける対応を取らせていただけませんでした。弊社の力不足、心よりお詫び申し上げます。また、先般来よりご指摘をいただいております。商品を取り扱う販売店が十分に機能や性能を満たす商品であることを検証し、お客様にお示しする責任があるとのご指摘がございましたが、独自の検証結果に基づく説明にいたらず、大変恐縮いたしますが、現状での弊社の見解につきましては、水草動画様へのタイムストップ社担当よりの検証報告にあります通り、コケを抑制する目的の商品であるものの、抑制率を100%維持する商品ではなく、水槽環境での複合的な要因により発生するコケに際してましては、水換えの量やメンテナンスの回数など、管理面でもご対処いただく必要もあるかと存じます。本件、これ以降の対応につきまして、水草動画様のご厚情にお任せするほかございません。何とぞ、諸事情をご勘案の上、ご理解くださりますようお願い申し上げます。

タイムストップさんの回答

私はツインスターの動画と全く同じ試験はできないので全く同じ効果は体験しておりません。ご提案にあった体感に関してですが、私もこれが大切だと思っておりました。この商品を扱う前に、普通に水草水槽をセットし、管理する上でどのような差が出るかが体感できるかを確認したかったので独自でテストしました。動画の管理とは異なりますが、日本の水草水槽での一般的な方法で行いました。初心者向けの水草水槽の書籍等などにもあるように、水槽にはオトシンクルスとヤマトヌマエビを入れています。この比較にて効果を体感することはできましたが、コケが全く出なくなるわけではないので、パッケージの注意書きに全く出ないわけではないことを記載させていただきました。最初から効果を体感していただくためにも取扱説明書か別紙にて具体的な水草水槽の管理方法を記載するようにツインスター社に伝えておきます。各国共通の取扱説明書のため、具体的な内容に触れておらず、お手数をおかけすることになってしまいました。予め具体的な管理などの方法を極力記載しておくべきでした。誠に申し訳ございません。

ツインスター社はツインスター使用していても、いろいろな状況があるので、コケを極力出さないように対応をする必要があると言っています。水草動画様もご存知のように美しい水草水槽を維持する上で、強力なろ過、適切な波長の照明と照射時間、二酸化炭素、適度な栄養分、水温、清浄な水、ある程度の水草の量、コケ取り生物の量、生体の量、餌の頻度、水換えの量やメンテの回数などの様々なバランスが必要です。そしてツインスターのコケの抑制率が100%ではないことからも、多少のコケは水槽内に出てしまいます。またツインスターはリアクターの部分でしか胞子を壊せないため、水草やガラスについてしまったコケには何の効果もありません。しかしそれらの増えたコケは新たな発生源となるため、コケ取り生物で無くしてしまう方が理想的です。動画でもどちらの水槽にも7日目で5匹のエビを入れていますがコケ取り生物を入れてもコケが減らずに増える水槽もあります。そして動画のツインスター無しの水槽はコケだらけになっていますが、ツインスターをつけた水槽にも少ないですがコケが出ています上記のような点から考えて、水草動画様の水槽でコケ取り生物を入れていないというお話なのでコケ取り生物を入れていただけると効果がわかりやすいと思われます。しかし、他の要因である可能性もあります。

水草動画の見解

水草動画は、コケ抑制に関する製品はいろいろ使って検証し、ブログでも紹介してきました。これまでコケ抑制方法やコケ除去方法なども動画や記事でも紹介してきました。コケを抑制する方法や除去する方法は、理解した上で、今回3本の水槽でツインスターの効果をレビューしたく前向きに検証した結果、まったく効果を感じることができなかったことを報告しています。メーカーが公表している動画のような80%~95%の抑制効果を、販売店、代理店が再現や確認をしないで、抑制効果がでないのは購入者の水槽環境が原因という理由で結論づける販売店、代理店の対応は不適切に感じます。

4.販売店の責任と購入者のリスク

これまで、アクアリウム製品を購入して、今回のようにまったく効果がない、使えない海外製品はいくつかあり、やはり最初の報告では製品の問題に対して販売店や代理店、メーカーが認識できなかったことはありました。しかし、実際に販売店が確認することによって、製品の問題や不良品が確認してもらえ、問題が解決できました。

チャームの担当者さんは、最初は「ちゃんと製品を確認しないとダメですね」、というようなの雰囲気で話すのですが、社内で確認を取ると対応は変わり、製品の確認はメーカーに確認するという結果になります。水草動画の勝手な憶測になりますが、チャームさんは沢山の商品を取り扱い、多くの方が購入する為、いかに業務に負担を減らし効率化させる為、今回の様にメーカーや代理店に丸投げの対応になっています。たしかに、コケを抑制する製品は、効果の有無を判断するのは難しいです。コケの除去効果はなく、コケの発生を抑制する為、水槽を比較する必要があります。さらにコケが発生しないということは製品として保証していないので、確認が難しいのは事実です。水草動画はそういうことを認識した上で、水質測定や水替え頻度をまとめた検証データを報告しています。しかしツインスターのメーカーが公表した効果には80~95%のコケの抑制効果があるといっているので、今回のように少なくとも検証してまったく効果がでなかったり、代理店のタイムストップさんが動画のような効果を再現できないという説明にはならないはずです。

もし今回のように購入者が使って問題のあった製品を販売店のチャームさんが、製品の機能・効果を確認しなかったら、悪質な代理店が詐欺まがいの海外製品を販売するようなことがあったら、チャームさんで購入者は今回のように泣き寝入りする結果になります。検証しずらい製品だからこそ、プロのチャームさんがきちんと、確認して見解をだして、消費者が安心して購入できるようにしてもらいたいと感じます(*`・з・)ムッ