テトラ プランクトン 小型熱帯魚に与えやすい食いつきの良い餌

30cm水槽のセレベスレインボー、ニューギニアレインボー、ポポンデッタ フルカタ、プシュードムギル パスカイの4種類の小型熱帯魚に与えているテトラ プランクトンを紹介します。

1.特長

商品説明には次のように記載されています。

  • 浮遊沈下性:ネオンテトラ、カージナルテトラなどの小型熱帯魚用に開発された、小さな顆粒タイプの緩やかに沈下する沈下性フードです。
  • スピルリナ強化:スピルリナを多く含み、魚の活力を増進するとともに美しい色彩を引き出します。
  • 優れた嗜好性・消化吸収:優れた嗜好性と消化吸収で食べ残しやフンが減ります。
テトラ プランクトン
テトラ プランクトン
テトラ プランクトンの原材料

フィッシュミール、穀類、植物性蛋白質、野菜類、酵母、油脂、シュリンプミール、藻類、ビタミン類、ミネラル類、レシチン、β-グルカン

テトラ プランクトンの保証成分

粗タンパク質:44%以上、粗脂肪:11%以上、粗繊維:2%以下、粗灰分:9%以下、水分:8%以下

2.使い方

1日最低2~3回3分以内で食べつくす量を与えてください。アルミシールをはがさず、楊枝などで適当な大きさの穴を開けると与えやすくなります。水草動画では一日1回2~3分で食べきる量を与えています。



3.他の製品との違い

テトラ プランクトンと同じ顆粒タイプのキョーリン ひかりクレスト カラシンと比べると、テトラ プランクトンは粒がより細かく小型熱帯魚が口にしやすいサイズです。また沈降性の性質もひかりクレスト カラシンより強く、テトラ プランクトンは水面に浮かんでる時間ほとんどなくすぐ沈みます。また色はテトラ プランクトンは、オレンジ色と緑色した2種類の顆粒状の餌です。水槽の汚れ具合は、ひかりクレスト カラシンと比較して大きな違いは感じませんでした。食いつきは非常によく、カラシンやラスボラなどに適した餌です。

保証成分比較 テトラ プランクトンとキョーリン ひかりクレスト カラシン
保証成分比較 テトラ プランクトンとキョーリン ひかりクレスト カラシン

4.使用感

テトラ プランクトンは非常に小さい顆粒タイプにより、2㎝~5cmの小型熱帯魚に与えやすい餌です。セレベスレインボー、ポポンデッタ フルカタなどレインボーフィッシュの種類のいる水槽に与えてきましたが食いつきも良いです。ただ沈降性の強い餌なので全体の魚にいきわたるように様子を見ながら与えています。賞味期限(使用期限)は2021年2月と記載されていました。購入から約2年5か月間と長期間保管できるようです。水草動画では新鮮な餌を与えたいので小さい45gのタイプを購入して与えています。

テトラ プランクトンを食べるポポンデッタ フルカタ
テトラ プランクトンを食べるポポンデッタ フルカタ
テトラ プランクトンを食べるセレベスレインボー
テトラ プランクトンを食べるセレベスレインボー
テトラ プランクトンを食べるセレベスレインボー
テトラ プランクトンを食べるセレベスレインボー
テトラ プランクトンを食べるセレベスレインボー(左2匹)とポポンデッタ フルカタ(右1匹)
テトラ プランクトンを食べるセレベスレインボー(左2匹)とポポンデッタ フルカタ(右1匹)


3 thoughts on “テトラ プランクトン 小型熱帯魚に与えやすい食いつきの良い餌

コメントを残す

error: Content is protected !!