水槽のPHを簡単に測定できるPHメーター マーフィード エコペーハー DUO

2021年9月15日

新しくなったマーフィードのPHメーター「エコペーハー DUO」の使い方や使用感、他製品と違いを紹介します。

1.特長

マーフィード エコペーハー DUO
便利な機能

マーフィード エコペーハー DUOの特長は次のようにパッケージに記載されています。

特長 マーフィード エコペーハー DUO

  • メモリー機能測定したpH・水温を10回分記憶します。
  • ワンタッチ自動校正面倒な校正はボタン1つで自動校正
  • オートOFF自動的に電源を落として電池の節約
  • オートロック機能計測値の安定を自動的に感知
  • ホールド機能センサーを水から出しても確認可能
  • 電池残量表示電池の交換時期を表示窓でお知らせ
  • 生活防水&フロート水漏れ、一瞬であれば落水にも対応
仕様
  • PH測定範囲0~14ph 精度±0.2PH
  • 水温測定範囲0~50℃ 精度±0.50℃
  • 電池1.5Vボタン電池(LR44)×4個電池寿命連続使用時150時間
  • 重量約60g
  • サイズ170x32x15(mm)
注意事項
  • 本製品は観賞魚飼育水測定専用です。その他の測定には使用しないでください。
  • センサー部には手や他のもので触らないでください。非常に繊細なセンサーなので触ると壊れたり、計測ができなくなります。
  • 本来をしまうときは必ず保護キャップをするようにしてください。キャップが無いと本体内の薬品が早く消耗して製品寿命が短くなります。
  • 本体は水の中には入れないでください。生活防水にはなっておりますが水圧に耐えられる構造にはなっていないため、内部に水が侵入してしまうと修理ができません。水の中に落としてしまった場合は直ちに引き上げて、乾いた布で水滴を拭き取り、よく乾かしてください。水没時の保障は一切致しません。予めご了承ください。
  • 本体を直射日光のあたる所や湿度や温度が高くなる所、幼児の手の届く所には置かないでください。
  • 本体が汚れたら、固くしぼった布で拭いてください。シンナーや薬品等は使用しないでください。
  • 改造、分解等は絶対におやめください。
  • 本製品は精密機器ですので落下などのショックを与えないでください。
pHって何?

pHとは水素イオン濃度のことで、水の状態を表す大きな指標の一つとなります。このpHの値を把握することで、その水が魚や水草に対して適しているかどうかを確認することができるのです。

pH値が教えてくれることは?

pH値が魚にとって適していない場合、直ちに環境を改善してあげる必要があります。何もせずに放っておくと、魚は病気になったり、ショックで状態がおかしくなり、死に至る場合もあります。定期的にpHの値を測定していれば、魚たちに影響が出る前に環境を改善することができます。pHは水草水槽で添加するCO2量の適正なレベルを確認するのにも役立ちます。さらにpHに敏感な魚やディスカスなど酸性環境を好む魚を飼育する際はpHの測定や調整が欠かせない重要なポイントとなります。PH測定から水槽の状態がわかることの記事も参考にしてください。

熱帯魚の理想のPH値・種類別(pH値について)

下記の表は観賞魚の理想的なpH数値を表していますが、生息地によっては大きく異なることがあります。またpH調整の際のpHの急変にはくれぐれもご注意ください。

魚類 pH TDS(ppm) 硬度 水温(°C)
ブラウンディスカス 6.0~6.9 53~55 0~1 26~32
グリーンディスカス 6.0~6.9 53~55 0~1 26~30
ブルーディスカス 6.0~6.9 53~55 0~1 26~30
ヘッケルブルーディスカス 5.5~6.5 3~10 0~1 26~30
ディスカス改良種 5.0~6.9 20~60 0~2 26~32
エンゼルフィッシュ原種 6.0~6.9 50~55 0~1 24-26
エンゼルフィッシュ改良種 5.0~6.9 20~60 0~2 24-28
アルタムエンゼル 5.0~6.8 9~15 0~1 24~26
カラシン類 5.0-6.9 24~80 0~1 20-29
グッピー 7.0~7.3 140~250 3~5 20~28
卵生メダカ 5.5~6.9 24~100 0~2 20-25
アロワナ 5.0-6.9 25~80 0~2 26~29
レッドビーシュリンプ 6.0-6.9 55~85 1~2 23~26

2.使い方

取扱説明書 マーフィード エコペーハー DUO
測定方法(便利なオートロック測定)

測定完了をディスプレイがお知らせします。

  1. 保護キャップを外します。
  2. ON-OFFボタンを押し電源を入れ、ディスプレイを点滅状態にします。
  3. コップ等にサンプル水又は水槽の水を採り、センサー部をウォーターレベルまで差し込みます。
  4. センサーに気泡が付かないように軽く振ります。
  5. ディスプレイの数値の点話が終わり、ピッと音がしたら測定完了です。
  6. 測定が終わったら、ON-OFFボタンを3秒以上押し続けると電源が切れます。
  7. 測定後はセンサーを水道水で軽くすすぎ、保護キャップをしっかり閉めてください。
マーフィード エコペーハー DUO
使い方 マーフィード エコペーハー DUO
PH測定結果(PH6.5) マーフィード エコペーハー DUO
水温測定結果(29.8℃) PHと水温を同時に測定できる
メモリー機能
  1. 手順通り水質の測定を行い、測定が完了したらCALボタンを短く押します。ピッと音がして測定した水温と水質をメモリーします。
  2. 最大で10回分の測定値をメモリー可能です。
  3. メモリーを呼び出す際は、ON-OFFボタンとCALボタンを同時に3秒以上押し続けます。ピッと音がしたらメモリー呼び出しモードに切り替わります。
  4. 01から水温、PH値をランダムに表示し、CALボタンを短く押すことで、次のメモリーに切り替わります。
  5. 10回のメモリーがある状態で、測定後にCALボタンを押すとFULLの文字が表示されます。FULLが点滅している間に、再度CALボタンを押すと01のメモリーに上書き保存を行い、以降は順にメモリーを上書きしていきます。
  6. メモリーを消去する場合は、メモリー呼び出しモードに切り替え、ON-OFFボタンとCALボタンを同時に3秒以上押すことでメモリーを全消去します。
メンテナンス・正確に測る為のポイント
  • ディスプレイに電池のマークが表示されたらバッテリー残量が約2時間分であることを示します。それ以上の使用ができたとしても精度に問題が出てきます。新しい電池に交換してください。電池の交換は「バッテリーキャップの開け方」、「バッテリーキャップの取付け方」をご参照いただき、正しく行ってください。交換電池は必ず「メーター用 純正バッテリー」をご使用下さい。市販のLR44は使用できません。
  • 長期間の保管後や長期間使用されていない場合はセンサーが乾いてしまい、測定値が安定する迄に時間がかかります。そのような場合にはコップに水道水か7.0の校正液を入れ、センサー部を1~2時間ほど浸けておいてください。センサーの感度が回復します。
  • エコペーパーDuoは約365回の計測で寿命となります。校正ができなくなったり、計測に時間がかかりすぎる様になったら、交換時期が来たことを意味します。これらを修理することはできません。
  • すべてのpHメーターは定期的な校正が必要となります。1~2週に1回は校正を行うことをおすすめします。
  • すべてのpHメーターは測定液の中の水素イオン濃度を測定します。従って測定液が安定していない場合(例えば水道から汲んだばかりの水道水)に、測定値に誤差が生じる場合があります。これは他の活性物質が安定を妨げているためです。正確な値を測定するためには一晩寝かせてから測定してください。また動いている水の測定は避け、できればコップ等に汲み置いた水を測定してください。
  • 無線機の様な機器のある場所でも測定値に誤差が生じる場合があります。予めご了承ください。
校正方法

このメーターに付属の校正液で初回は校正を行なってから使用してください。常に正確な測定値を得るためには、定期的な校正が必要です。尚、キャップ内に白い結晶が付着している場合がありますが異常はありません。よく洗い流してから使用してください。※1~2週間に1回は校正をおすすめします。

付属の校正液 マーフィード エコペーハー DUO

  1. 校正には必ずpH7.0の「純正校正液90ml」を使用してください。初回のみ付属の校正液(1回分)をご使用ください。
  2. 保護キャップ外してセンサー部を水ですすぎ、水銀体温計を振るときのように本体を振って水切りをしてください。
  3. ON-OFFボタンを押し電源を入れ、ディスプレイを点滅状態にします。付属の校正液(1回用)の袋を開け、袋の中にメーターの電極を差し込みます。別売りの校正液を使用する場合はフィルムケース等に少量移し校正を行うと便利です。
  4. CALボタンを3秒間押し続けてください。ディスプレイにCALの文字が点滅し、校正を開始します。点滅が7.0に切り替わり、点滅が止まれば完了です。
  5. 使い終わった校正液を捨ててください。本体のセンサー部を水ですすいで校正終了です。
別売りの校正液 マーフィード エコペーハー DUO
エラー・故障
  • 測定中にErrが表示された場合センサーの異常か汚れていると考えられます。40℃程度のお湯にセンサー部分を1時間浸し、良くすすいだ後、再度お試しください。
  • 校正中にErrが表示された場合校正液が正しくない可能性があります。他社製の校正液を使用されている場合は、専用校正液をご使用ください。専用校正液を使用している場合は、異物の混入や濃度の異常などの可能性がございます。新しい校正液で再度お試しください。
  • ディスプレイ右側にAとCが交互に表示される場合温度センサーの故障となります。保証期間内であれば、弊社へお送りください。製品の故障を確認したのち、新しい物をお送りいたします。(温度センサーの修理は不可となっております。)

3.他の製品との違い

これまでPHメーターは日本製含めて、数多くのPHメーターを使ってきました。アクアリウム用のエコペーハー DUOは、校正のしやすさ、水温測定機能、メモリー機能など機能面でもしっかりした製品です。価格・精度を考えると他製品と比べると品質は良く感じます。もちろん日本製の2万円を超えるPHメーターと比べると精度や耐久性はやや劣ります。アマゾンや楽天などで販売されている安価な海外製品の違いは、pHメーターの選び方の記事も参考にしてください。

4.使用感

使用感 マーフィード エコペーハー DUO

マーフィードのPHメーターはこれで3代目になります。前モデルから水温測定機能やメモリー機能などの便利機能が追加されバージョンアップされています。PH値を記録する際にPHと同時に水温も測定できるのが地味に便利です。はじめて使う方やアクアリウム初心者の方も安心して使えるPHメーターです。ただしエコペーハー DUOは約365回の使用で寿命がくるので、使用頻度が高いユーザーには耐久面で少し不安があります。しかし一般的な水槽を測定するために使う分には十分だと感じます。(耐久性もしっかり使用回数が記載されていてるのも良いです。)PHメーターの購入を検討される方はpHメーターの選び方の記事も参考にしてください。