ブラックネオンテトラ 黒のボディに光るオレンジの眼が美しい入門種

2020年4月23日

1.特徴

ブラックネオンテトラは、黒の体色に銀色のラインとオレンジに光る眼が特徴の熱帯魚です。一見地味ですが、水草が茂った水草水槽にはブラックネオンテトラの群れは美しいです。体長は3.5cm程度で、ネオンテトラより少し大きくしたサイズです。性格も温和で、混泳水槽にも適した熱帯魚です。寿命は比較的長く約4~5年、飼育環境にもよりますが長寿になると6年以上生きる個体もいます。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽まで、水草が良く茂った水槽で飼育したい魚です。混泳水槽では、繁殖は難しいですが、ネオンテトラほど難しくなく繁殖環境を整えることで繁殖も狙える種類です。ブラックネオンテトラの改良品種には、全身を黒くしたブリリアントブラックネオンや真っ白なアルビノブラックネオンがいます。ワイルドの流通はほとんど見かけることはありませんがワイルドの(イエロー)ブラックネオンテトラ、似た種類のフェアリー・ブラックネオンがいます。ブリードのブラックネオンテトラは、流通も多く熱帯魚を取り扱っているショップでは安価で入手しやすい魚です。

ブラックネオンテトラ

別名
学名 Hyphessobrycon herbertaxelrodi
分布 ブラジル
体長 3.5~4cm
分類 カラシン
フレーク 顆粒(沈降性があるタイプ)、冷凍餌
価格 100円~
水質 弱酸性~中性
水温 22~28℃
おすすめ度 ★★★★☆

2.飼育方法

ブラックネオンテトラは、初心者向けの熱帯魚として紹介されるほど飼育しやすい魚です。しかし購入時の運搬や水質変化などのストレスで弱らせてしまう場合があります。購入時は、水温合わせ、水合わせは重要になります。水質は弱酸性から中性を好みます。底床はソイル、砂利どちらでも飼育は可能です。また季節の変わり目の温度差や、水替えの少ない悪化しやすい水槽では、白点病にかかる場合があります。水槽からの飛び出し事故は少ない魚ですが、小型水槽や混泳水槽などでは、飛び出すことがあります。

餌の与え方

餌は、フレーク、顆粒タイプの餌など人工飼料を与えるとよいでしょう。写真の個体の飼育では、顆粒タイプのひかりクレスト カラシンテトラ プランクトンを与えています。与え方は一日1回、2~3分程度で食べきる量を与えています。

3.飼育記録

ブラックネオンテトラの飼育は60cm水槽(60cm×45cm×45cm)の水草が沢山植わった水槽で飼育しています。水替え頻度は週2回(水槽の1/3の量)を行っています。飼育から約8月経過しましたが、購入からひとまわり大きくなり美しい姿が楽しめます。

4.ブラックネオンテトラの写真

ブラックネオンテトラの写真
落ち着いた水草水槽のレイアウトにマッチするブラックネオンテトラ
群れで泳ぐブラックネオンテトラ