レッドテールイエローファントムテトラ 飴色に染まる小型の美しい熱帯魚

2020年12月13日

1.特徴

レッドテールイエローファントムテトラは、尻尾が赤く、体色が薄っすら飴色に、各ヒレは白いスポットが入り可愛らしい熱帯魚です。体長はブラックファントムと比べて一回り小さい、約3.5cm程度のカラシンの仲間です。派手さはありませんが、水槽内を活発に泳ぎ水草水槽にぴったりな熱帯魚です。寿命は3~4年、長寿だと4年以上生きる個体もいます。性格は温和で、同サイズの混泳に向いています。水槽サイズは小型水槽から大型水槽まで、水草が茂った水槽で泳がせたい魚です。流通は多く、ブリード個体が安価で入手しやすい熱帯魚です。ワイルドの個体の流通は少なく、まだ見たことありません。レッドテールイエローファントムテトラは、学名は不明と紹介されていることが多いです。よく似たロゼウステトラやイエローファントムとの違いは、レッドテールイエローファントムテトラは、尾の部分がはっきり赤く染まるのに対して、ロゼウステトラやイエローファントムはネオンテトラのように尾にかけて体が赤くなります。よく似ているので、ショップでは区別なく、ロゼウステトラやイエローファントムテトラの名前で販売されている場合があります。

レッドテールイエローファントムテトラ

別名 レッドテール・ロゼウステトラ、イエローファントムレッドテールテトラ、ロゼウステトラ・リアル
学名 Hyphessobrycon sp.(Megalamphodus roseus)
分布 ギアナ、南米
体長 3.5cm~4cm
分類 カラシン
フレーク 顆粒(沈降性があるタイプ)、冷凍餌
価格 200円~
水質 弱酸性~中性
水温 22~28℃
おすすめ度 ★★★★☆

2.飼育方法

レッドテールイエローファントムテトラは丈夫で初心者も飼育しやすい熱帯魚です。水槽に入れた直後は、運搬のストレスや水質変化にやや弱い面を見せることがあります。水槽には1週間程度で落ち着き、その後は飼育しやすい魚です。水質は弱酸性から中性の水質を好みます。底床はソイルにすることで水質を弱酸性を維持しやすく、体色が揚がりやすくなります。中性付近の水質になる砂利でも飼育は可能です。飼育時の注意点は、水替えが少ない水槽や季節の変わり目など温度差などによるストレスで白点病にかかる場合があるので注意が必要です。

餌の与え方

レッドテールイエローファントムテトラは餌はなんでもよく食べます。人工飼料のフレークや顆粒タイプの餌が与えやすいです。水草動画では、顆粒タイプの沈降性のあるテトラ プランクトンを一日1回2~3分で食べきる量を与えています。レッドファントムテトラは大食なので、太り過ぎないように与え過ぎないようにします。

3.飼育記録

レッドテールイエローファントムテトラの飼育環境は、規格60cm水槽、底床はADAのアマゾニアで飼育しています。水替えは週に2回水槽の4分の1の量をかえています。

4.レッドテールイエローファントムテトラの写真

レッドテールイエローファントムテトラの動画はこちらの記事でお楽しみ頂けます。

レッドテールイエローファントムテトラの写真

水草水槽で泳ぐレッドテールイエローファントムテトラ