エンペラーテトラ 皇帝の名にふさわしい美魚

2020年10月24日

1.特徴

エンペラーテトラは色彩、形、その風貌はまさにエンペラーにふさわしい美しい熱帯魚です。体の中央に入る黒いラインに、上品な青に染まる体色と伸びた黄色のヒレが優雅さを感じさせてくれます。エンペラーテトラの体長は4.5cm~5.5㎝の小型熱帯魚よりひとまわり大きくなります。寿命は個体差はありますが2~3年程度です。長寿になると3年以上生きる個体もいます。泳ぐ姿は、斜め45°に少し体を傾けて泳ぐ特徴があります。性格はやや荒く、テリトリー、縄張り意識が高い魚です。同種同士の小競り合いは、オスがメスを追いかけまわしたり、オス同士が争いをしています。気性は荒いですが、小型熱帯魚同士の混泳は可能です。水槽サイズは45cm以上で飼育したい魚です。流通は多く入手しやすく、ワイルドものからブリードまで比較的安価で販売されています。また体色が真っ黒な改良品種のブラックエンペラーテトラも流通しています。

エンペラーテトラ

オスとメスの見分け方

オスは、メスより一回り大きくなり、成魚になるとその違いははっかり分かり、簡単に区別できます。オスは、青く染まり、ヒレが長く伸びますが、メスは地味です。

別名
学名 Nematobrycon palmeri
分布 コロンビア
体長 4.5cm~5.5cm
分類 カラシン
フレーク 顆粒(沈降性があるタイプ)、冷凍餌
価格 200円~
水質 弱酸性~中性
水温 22~28℃
おすすめ度 ★★☆☆☆

2.飼育方法

エンペラーテトラの飼育は比較的容易で、丈夫な熱帯魚です。購入直後の水温や水合わせに気を付けて、1~2週間で落ち着きます。飼育は、テリトリーが強いので、水草を多く植えると良いです。

餌の与え方

餌は、フレーク、顆粒タイプの餌など人工飼料を与えるとよいでしょう。写真の個体の飼育では、顆粒タイプのひかりクレスト カラシンテトラ プランクトンを与えています。与え方は一日1回、2~3分程度で食べきる量を与えています。

3.飼育記録

エンペラーテトラの飼育は60cm水槽(60cm×45cm×45cm)の水草が沢山植わった水槽で飼育しています。購入は5匹、飼育から約8月経過しましたが、購入からひとまわり以上大きくなり、オスは青く染まり美しい姿が楽しめます。飛び出し事故は少ない種類の魚に感じますが、場合によっては飛び出し対策も必要になります。

4.エンペラーテトラの写真

エンペラーテトラの写真
美しい青に輝くエンペラーテトラ

5.動画

動画の7分30秒あたりからエンペラーテトラご覧いただけます。水草動画のチャンネル登録、通知ボタンを有効にして頂くことで最新の水草動画をご覧頂けます。是非登録よろしくお願いします!水草動画のチャンネル登録はこちらから