コリドラス・パンダ 水槽内の底床を楽しませてくれるアイドル

1.特徴

コリドラスパンダは白と黒の体色のパンダ模様が特徴のコリドラスです。コリドラスパンダはその見た目の可愛らしさから人気の熱帯魚です。コリドラスパンダの泳ぎを見てるだけでにやけちゃいます。コリドラスの仲間では比較的小型サイズのコリドラスで最大でも5cm程度にしかなりません。コリドラスの仲間は水槽内では底床を「モフモフ」口を動かしながら餌を探して泳ぎ回まわります。性格は非常に温和で飼育しやすい熱帯魚です。水槽サイズは、小型水槽でも飼育は可能ですが、できれば45cm以上の水槽で水草の植わった落ち着いた環境で飼育したいです。ショップでは定番の熱帯魚で、安価で購入しやすい熱帯魚です。

コリドラスパンダ
コリドラスパンダ

寿命

コリドラスは長寿のナマズの仲間としては寿命は短く3年~5年とされています。コリドラスの仲間は大きさによって寿命に違いがあります。5cmほどのコリドラスパンダは3年~5年の寿命になります。小型のコリドラス・ピグミーコリドラス・ハブローススは寿命は短く2年~3年の寿命になります。また大きなタイプのコリドラスは環境によっては10年をこえる個体もいるそうです。

別名
学名 Corydoras panda
分布 ペルー
体長 5cm
分類 コリドラス属
コリドラス用の餌、顆粒(沈降性があるタイプ)、冷凍餌
価格 150円~
水質 弱酸性~中性
水温 22~28℃
おすすめ度 ★★★★☆

2.飼育方法

コリドラスパンダは、弱酸性から中性を好みます。底床はソイルや田砂などが適しています。コリドラスパンダの飼育は、難しくありませんが購入から水槽いれてから落ち着くまでがひとつ重要な時期になります。まずはきちんと水の立ち上がった水槽に入れることが重要です。コリドラスパンダは比較的、投入してから成魚になるまでの期間の水質変化に弱い面を見せることがあると言われています。購入したらまず水槽に袋ごと水槽に入れて水温を合わせてから水合わせをします。詳しい熱帯魚の導入方法はこちらの記事をご覧ください。

餌の与え方

コリドラスパンダは他のコリドラス同様に底床に落ちた餌を食べます。中層~上層を泳ぐ熱帯魚用のフレークだけではコリドラスパンダにいきわたらないことが多いので、コリドラス用の餌を与える必要があります。人工飼料の他に冷凍赤虫なども好んでよく食べます。冷凍赤虫はよく食べますが、与えすぎると水質の悪化によりコケが発生しやすくなるので注意が必要です。水草動画では、通常のフレーク餌と合わせ、コリドラスパンダ用にキョーリンのひかりクレスト コリドラスを数粒与えています。

餌を取り合うコリドラスパンダ
餌を取り合うコリドラスパンダ



繁殖

コリドラスパンダの繁殖は初心者でも可能な種類の熱帯魚です。購入から約1年もすると成魚になり、メスの体系はオスよりふっくらします。オスは、メスを追う行動をよくするようになります。さらにTの字のようにメスはオスのお腹に頭を寄せるよしぐさをみせるようになり、産卵前の前兆を確認することができます。産卵は、水槽のガラス面やアヌビアスナナなど水草の葉に生みます。卵の隔離は、水草についた場合は、卵が付いた葉をカットします。ガラス面についた卵の取り方は、スポイトや三角定規などで取ることができます。産卵後は、卵を産卵箱や別の水槽に移し孵化させます。白く濁った無卵やカビが映えてしまった卵はスポイトなどで取り除きます。孵化した稚魚はヨークサックから2~3日間栄養分を取ります。稚魚のヨークサックがなくったころに栄養価の高いブラインシュリンプなど稚魚用の餌を与えるとよいでしょう。ブラインシュリンプの沸かし方はこちらの記事をご覧ください。

3.病気と死ぬ原因

コリドラスパンダの死ぬ原因

コリドラスパンダに限らず、コリドラスが突然死んでしまうことがあります。特に熱帯魚初心者の方に多くみられます。コリドラスを購入してからすぐに死なせてしまう原因は大きく二つあります。一つ目は運搬中のストレスで弱って死なせてしまう場合です。二つ目は水槽の水が立ち上がっていないことが原因で死なせてしまう場合です。一つ目の原因の場合は、続けて死ぬことはありませんが、二つ目の水が立ち上がってない場合は、コリドラスは次々死んでしまうことがあります。コリドラスを死なせない為に重要なのは、水槽に水を入れてから1~2週間経過した水の立ち上がった状態(水の濁りがない澄んだ状態)の水槽に、最初は少ない数の熱帯魚を入れていく必要があります。コリドラスの飼育数は水槽サイズによって違ってきます。コリドラスのような5~10cmの飼育できる数の目安は「水槽の大きさと熱帯魚の飼育できる数」をご確認ください。

コリドラスパンダの病気

コリドラスパンダは、比較的丈夫で病気にかかりづらい熱帯魚です。しかし水替えの少ない汚れた水槽や魚の数が多い餌の与えすぎた水槽では病気がかかりやすい環境になる場合があります。特に体の一部が白く変色したりするカラムナリス病にかかりやすいです。

カラムナリス病

カラムナリス病は、コリドラスパンダの口、ヒレ、鱗などあらゆる部位に感染します。原因は細菌類であるフレキシバクター・カラムナリスの感染によるものです。水槽では水質の悪化や導入時の傷や水質変化によるストレスなどから発症することがあります。症状はコリドラスパンダの体に白く濁った部分ができたり、ヒレが溶け出したようになります。症状は徐々に進行していき死にいたります。感染力もあるので初期の対処が重要です。治療方法は薬剤による治療が一般的で、グリーンFやアグテンを投与します。

4.飼育記録

コリドラスパンダの飼育は60cm水槽(60cm×45cm×45cm)で3匹飼育しています。コリドラスパンダを購入して水槽に入れてからしばらくの期間は、非常に活発に水槽内を群れで泳ぎ回ります。しかし水槽に慣れてくるとコリドラスパンダの活動は単独行動になりやすいです。餌を与える時間に集合する姿が見て癒されます。

5.コリドラスパンダの写真

コリドラスパンダの写真
コリドラスパンダの写真
ニューラージパールグラスの上を泳ぐコリドラスパンダ
ニューラージパールグラスの上を泳ぐコリドラスパンダ
パンダ模様が可愛いコリドラスパンダ
パンダ模様が可愛いコリドラスパンダ


コメントを残す

error: Content is protected !!