ミクロラスボラ・エリスロミクロン 小型水槽でじっくり飼育したい熱帯魚

2020年11月17日

1.特徴

ミクロラスボラ・エリスロミクロンは、渓流に泳ぐ山女魚(ヤマメ)、岩魚(イワナ)を思い浮かぶような雰囲気の熱帯魚です。色は、紺模様に薄っすらオレンジ色の体色が美しいです。体長は3cmほどのコイやラスボラの仲間です。性格は温和で、比較的臆病なため、単独飼育や同サイズの小型熱帯魚との混泳がおすすめです。寿命は約2~3年、長寿になると3年以上も生きる個体もいるそうです。水槽サイズは、小型水槽でじっくり落ち着いた水槽で飼育したい熱帯魚です。もちろん中型水槽や大型水槽の飼育も可能ですが、水草などに隠れてしまい観賞するチャンスが減る可能性が高いです。流通は比較的多く、熱帯魚ショップやネットショップで入手しやすい魚です。

ミクロラスボラ・エリスロミクロン

オスとメスの見分け方

オスは、紺の色がはっきりして、オスはメスよりやや大きくなります。

オス ミクロラスボラ・エリスロミクロン

メスは色が全体的に薄く縦の模様が多いです。色が揚がってくるとオスとメスの区別は、はっきりしてきます。

メス ミクロラスボラ・エリスロミクロン

別名 ダニオ エリスロミクロン
学名 Celestichthys erythromicron(Danio erythromicron)
分布 ミャンマー
体長 3cm
分類 コイ科
フレーク 顆粒(沈降性があるタイプ)、冷凍餌
価格 400円~
水質 弱酸性~中性
水温 22~27℃
おすすめ度 ★★★☆☆

2.飼育方法

ミクロラスボラ・エリスロミクロンの飼育は、一度水槽に慣れると比較的丈夫で飼育しやすい魚です。しかし小型サイズの熱帯魚のため取扱いに注意が必要です。水質は弱酸性から中性の水質を好みます。底床はソイルを使った水草が良く植わった環境での飼育が理想です。購入時の水合わせ、水温合わせは重要です。一般的な混泳水槽の場合は、エンゼルフィッシュなど中型以上の熱帯魚との混泳は食べられてしまう可能性が高いです。また夏場の高温や水質変化にも弱いので注意が必要です。単独飼育など環境を用意すれば、繁殖も楽しめる熱帯魚です。

餌の与え方

ミクロラスボラ・エリスロミクロンは小型熱帯魚の餌を与えます。水草動画では、顆粒タイプの沈降性のあるテトラ プランクトンを一日1回2~3分で食べきる量を与えます。与える際に、指で軽くすりつぶすようにして、細かくして与えると魚が食べやすくなります。

3.飼育記録

ミクロラスボラ・エリスロミクロンの飼育はソイルで立ち上げた30cmキューブ水槽の単独飼育をしています。水槽にはニューパールグラスを植えています。水替えは週に2回、3分の1程度を交換しています。

飼育から1日目 ミクロラスボラ・エリスロミクロン

飼育から1日目 ミクロラスボラ・エリスロミクロン
飼育から48日目 ミクロラスボラ・エリスロミクロン
飼育から79日目 ミクロラスボラ・エリスロミクロン
飼育から79日目 ミクロラスボラ・エリスロミクロン
飼育から156日目 ミクロラスボラ・エリスロミクロン
飼育から305日目 ミクロラスボラ・エリスロミクロン
飼育から305日目 ミクロラスボラ・エリスロミクロン

4.ミクロラスボラ・エリスロミクロンの写真

ミクロラスボラ・エリスロミクロンの写真
群れで泳ぐミクロラスボラ・エリスロミクロン