ミクロラスボラブルーネオン飼育記録

2019年2月27日

メタリックグリーンに輝くミクロラスボラブルーネオン

今回はメタリックグリーンと淡いブルーの体色が美しいミクロラスボラブルーネオンの紹介です。

1.特徴
2.飼育方法
3.ミクロラスボラブルーネオンの写真
4.動画

1.特徴

体色が上がっていない個体は、地味に見えますが環境にあった個体は非常に美しい魚です。ミクロラスボラブルーネオンは透明感ある輝きが魅力的な魚です。澄んだ水草水槽の茂みに、輝くメタリックグリーンと淡いブルーの体色がとても水槽にマッチします。群れで泳ぐ美しい魚です。

別名 ミクロデバリオ クボタイ
学名 Microdevario kubotai,Microrasbora kubotai
分布 タイ
体長 約3㎝
分類 コイ科
フレーク 顆粒 冷凍餌
価格 300円~
水質 弱酸性~中性
水温 23~28℃
おすすめ度 ★★★☆☆

2.飼育方法

小さい魚ですが性格は気性は強い魚です。同種間の小競り合いが多いです。ただ他の種類の魚とはあまり干渉しないように見えます。同種サイズの混泳も問題ないと思います。水質は軟水を好むように感じます。綺麗な水を好みますので餌の与え方や水替えの管理も重要になります。比較的丈夫な魚だと思いますが小魚なのでやはり導入時や水質変化に注意が必要になります。また水質が合わないと、本来のメタリックグリーンの体色が金色系になってくるように感じます。さらに状態が悪くなると金色系の体色に加え透明感がなくなり体色も白くくすんだように見えます。まだ2ヶ月ほどの飼育ですがミクロラスボラブルーネオンは特別飼育が難しいという魚とは感じませんが本来の美しい体色を維持には、水質管理が大切になるように感じます。金色系の体色は、ちょっとした変化で体色が変化した個体はすぐに本来の色に戻すことができました。しかし金色系で体色が白くくすんだ個体は、メタリックグリーンの回復まで1ヶ月半ほどかかりました。

3.ミクロラスボラブルーネオンの写真

4.動画

導入から飼育経過は動画で紹介しています。