ラスボラ・ヘテロモルファ ブルー 渋みのある体色が大人のアクアリウムを演出してくれる

2020年9月19日

1.特徴

ラスボラ・ヘテロモルファ ブルーは、コイ科の仲間の熱帯魚です。ラスボラ・ヘテロモルファの改良品種です。別名ではヘテロモルファ・ブルーネオンとして流通しています。体色は、体全体が黒く、頭と尾の部分がオレンジ色に染まり、渋みのある美しい熱帯魚です。体長は、約4cmになります。寿命は2~3年、環境によっては1~2年で死んでしまう場合があります。水槽サイズは小型水槽から、中型水槽、大型水槽に適した熱帯魚です。群れで泳ぐ習性が強く大型水槽の水草水槽でもよく使われる魚です。性格は同種同士で小競り合いはしますが、温和で混泳水槽にも適しています。ラスボラ・ヘテロモルファ ブルーの色はミクロソリウムなど緑の濃いレイアウトによく似あう魚で、10匹程度泳がせることで群れで泳ぐ姿を楽しむことができます。

ラスボラ・ヘテロモルファ ブルー

別名 ヘテロモルファ・ブルーネオン、ラスボラ・ヘテロモルファ ブルーネオン
学名 Trigonostigma heteromorpha var.
分布 マレーシア、インドネシア(スマトラ島)
体長 4㎝
分類 コイ科
フレーク 顆粒(沈降性があるタイプ)、冷凍餌
価格 400円~
水質 弱酸性~中性
水温 22~28℃
おすすめ度 ★★★★☆

2.飼育方法

ラスボラ・ヘテロモルファ ブルーは、丈夫で初心者にも飼育しやすい熱帯魚です。水質は中性から弱酸性を好みます。底床はソイルが好ましいですが、砂利など中性付近になる底床でも十分飼育可能です。購入した袋を水槽に浮かべて置き、水温合わせした後に、バケツに入れ替え水合わせをしています。水換えは週に2回おこなっています。夏場は若干弱い面を見せるので、高温対策は重要になります。

餌の与え方

餌は、フレーク、顆粒タイプの餌など人工飼料を与えるとよいでしょう。写真の個体の飼育では、顆粒タイプのひかりクレスト カラシンテトラ プランクトンを与えています。与え方は一日1回、2~3分程度で食べきる量を与えています。

3.飼育記録

飼育は45センチのキューブ水槽で飼育しています。底床はリーフプロソイル ノーマルを使用しています。購入は5匹、飼育から約7月経過しましたが、購入から一回り以上大きくなり、水槽内を活発に泳ぐ姿を見せてくれます。飛び出し事故は少ない種類の魚に感じますが、場合によっては飛び出し対策も必要になります。

4.ラスボラ・ヘテロモルファ ブルーの写真

ラスボラ・ヘテロモルファ ブルーの写真
フィンスプレッディング ラスボラ・ヘテロモルファ ブルー
フィンスプレッディング ラスボラ・ヘテロモルファ ブルー
水草水槽で泳ぐラスボラ・ヘテロモルファ ブルーの群れ