ロバーティ・テトラ 熱帯魚の飛び出しの原因と防止対策

1.特徴
2.飼育方法
3.熱帯魚の飛び出しの原因と防止対策
4.ロバーティテトラの写真

1.特徴

ロバーティテトラ(ロベルティーテトラ)はレッドファントムやブラックファントムと同じように体の高さがあるハイフェソブリコンの仲間です。体長はレッドファントムより一回り大きい4㎝から5㎝ほどのサイズの魚です。ロバーティテトラは体の発色が上がり尾びれ、胸びれ、しりびれが赤く染まり、背びれは黒からヒレの先が白く染まり非常に美しい魚です。またオス同士が全身のヒレをぴんと伸ばしたフィンスプレディングの姿も美しいです。あまりメジャーな魚ではありませんが、古くから親しまれていてコンスタントに流通はあるようです。ハイフェソブリコンの仲間なので、寿命は4~5年、環境によっては8年以上生きると思われます。

ロバーティーテトラ
ロバーティーテトラ

別名 ロバーティー・テトラ、ロベルティー・テトラ、ロベルティ・テトラ
学名 Hyphessobrycon bentosi
分布 アマゾン川
体長 4~5㎝
分類 カラシン
フレーク 冷凍餌
価格 700円~
水質 弱酸性~中性
水温 23~28℃
おすすめ度 ★★★☆☆

2.飼育方法

ロバーティテトラは比較的丈夫な熱帯魚です。性格は温和で混泳水槽も可能です。餌は、冷凍餌のミジンコ、ブラインシュリンプはもちろん、人工飼料のフレークなどなんでも食べます。大食なので餌の与えすぎには注意が必要です。ロバーティテトラには一日1回、1~2分で食べきる量を与えていました。導入してから直後も、その美しさを感じることはできますが、飼育から2~3か月もすると体も一回り大きく成長して、ヒレや体の発色が非常によくなり美しいロバーティテトラを鑑賞することができます。ロバーティテトラの飼育で気をつけたいのは水槽からの飛び出しです。次に熱帯魚の飛び出しの原因と防止対策を紹介したいと思います。

3.熱帯魚の飛び出しの原因と防止対策

蓋の隙間から熱帯魚が飛び出る
蓋の隙間から熱帯魚が飛び出る
水槽からの飛び出しの原因

熱帯魚が水槽から飛び出す原因はいくつかありますが、共通していえることは魚がパニックや興奮状態に陥ったときに水槽から飛び出すことが多いようです。飼育の熱帯魚がパニックになる原因は大きく3つのケースがあります。1つ目は光、2つ目は人間の生活音(振動)、3つは魚同士の争いです。

1.光

1つ目は、光が原因で魚がパニックになります。水槽の照明の消灯するタイミングに明かりが突然消えてパニックになり水槽内から飛び出るケースがあります。また部屋の照明の点灯、消灯時、人影これからの水槽に与える光の変化はタイミングによって魚はパニックになり水槽内から飛び出ることがあります。

2.人間の生活音(振動)

2つ目は生活音の振動です。部屋のドアの音の振動で熱帯魚がびっくりすることがあります。木造の一軒家の場合、二階に水槽があって、1階の玄関のドアを閉める音(振動)で、魚がびっくりした様子を見たことがあります。

3.魚同士の争い

3つ目は、魚同士の争い、これはテリトリーなどの争いや同種同士の争いなどによって興奮した勢いで水槽から飛び出るケースです。特に魚の争いは夜間薄暗い時に追いかけ合って飛び出るケースが多いように感じます。また魚の餌を与えるときにも飛び出る魚がいます。これは餌に夢中になったり、興奮して飛び出ることがあります。

水槽からの飛び出し防止対策

水槽の飛び出し防止対策は、まずは水槽を置く場所が大切です。人の出入りや照明の点灯や消灯の回数が少ない部屋など静かな場所に設置することです。しかしアクアリウムは観賞用なので、静かな場所に置くことはなかなか難しいです。そこで水槽にフタをして飛び出し防止対策が必要になります。

フタの隙間をなくす

水槽のフタをしてもフタの隙間から魚は飛び出してしまいます。フィルターのホースの部分やヒータのコードの部分などの隙間をネット等を使って隙間をなくして対処します。

オープン水槽など一枚のガラス蓋の場合、大きく隙間ができる場合があります、その隙間の幅の長さに合わせネットをカットします。餌を与える部分は写真ように一部切り抜いておくと餌が与えやすいです。写真はネットと水槽を固定はしていませんが、ネットが不安定な場合はネットと水槽をテープなどで固定が必要になります。



浮草が飛び出し防止対策になる?!

オープン水槽のように、見た目、インテリア性が求められる水槽の場合は、写真ように蓋の隙間をネットで埋めるのはかっこよくありません。そこで浮草を使って対処する方法を考案しました。浮草はアマゾンフロッグビットを使って水槽の隅に配置するようにして、蓋の隙間を埋める方法です。この方法はシャワーパイプなどの水流によって流されてしまわないように、配置を工夫する必要があります。ある程度アマゾンフロッグビットが増えると簡単に隙間がうまるようになります。この方法で完全に飛び出しを防ぐことはできませんが、浮草があることでフタの代用になります。

簡単に今すぐできる飛び出し防止対策

すぐに飛び出し防止対策ができ場合などは、水槽の水位を4~5㎝下げるだけでも、飛び出し防止対策になります。また魚が飛び出す場所としては水槽のふちから飛び出すケースが多いので水槽のふちにネットなどかぶせるものがあると防止対策になります。

飼育記録

4.ロバーティテトラの写真

ロバーティ・テトラの写真
ロバーティ・テトラの写真
ロバーティ・テトラの写真
ロバーティ・テトラの写真
ロバーティ・テトラの写真
ロバーティ・テトラの写真
ロバーティ・テトラの写真
ロバーティ・テトラの写真


One thought on “ロバーティ・テトラ 熱帯魚の飛び出しの原因と防止対策

コメントを残す

error: Content is protected !!