ブリリアントブラック・ネオン 水草水槽に渋みのある黒が美しく映える熱帯魚

1.特徴

ブリリアントブラック・ネオンは、ブラックネオンテトラの改良品種です。黒の体色が独特な渋みをだし、目の上のオレンジがワンポイントになります。体長は4cm~4.5cm程度の大きさで、水槽の中層から上層を泳ぐ傾向があります。性格は温和で、混泳水槽も可能です。水草水槽では、濃い緑のミクロソリウムなどの陰性水草にブリリアントブラック・ネオンの黒が映えます。水槽サイズは、中型水槽から大型水槽に最適です。少ない数では群れる傾向は強くありませんが、ある程度の10匹~の数をいれてやることで群れで泳ぐ姿を楽しめます。写真では青みがかって見えますが、肉眼ではこのような青には見えません、淡い感じの黒の体色をしています。寿命は個体差にもよりますが3~5年と比較的長く生きるタイプのカラシンです。環境や個体によっては6~8年生きることもあります。

ブリリアントブラックネオン
ブリリアントブラックネオン

別名 ブリリアント・ブラックネオン
学名 Hyphessobrycon herbertaxelrodi var.
分布 改良品種
体長 4cm~4.5cm
分類 カラシン
フレーク 顆粒(沈降性があるタイプ)、冷凍餌
価格 200円~
水質 弱酸性~中性
水温 22~28℃
おすすめ度 ★★★☆☆

2.飼育方法

ブリリアントブラック・ネオンの飼育は、丈夫で飼育しやすい種類の熱帯魚です。購入したら、まずは水温合わせをして、次に水合わせをします。詳しい熱帯魚の導入方法はこちらかの記事をご覧ください。ブリリアントブラック・ネオンは水質はうるさくありませんが、急激な変化や水換えの少ない汚れが蓄積した水質では白点病になる場合があります。水質は弱酸性から中性の環境を好みます。水草動画が飼育した印象としては、RO水で調整した軟水の水質には適さない熱帯魚という感じを受けました。改良品種元のブラックネオンテトラはパラグアイ川原産の熱帯魚です。パラグアイ川原産で、超軟水の環境だと色の上りが悪かったグリーンファイアー・テトラと同様の印象を受けます。

餌の与え方

ブリリアントブラック・ネオンの餌は、食欲旺盛で基本なんでも食べます。フレークや顆粒タイプの人工飼料を与えるとよいでしょう。水草動画では顆粒タイプのひかりクレスト カラシンを1日1回2~3分で食べきる量を与えています。



3.飼育記録

飼育は60cmワイド水槽で飼育しています。週2回の水換えをおこなっています。

飼育1日目ブリリアントブラックネオン
飼育1日目ブリリアントブラックネオン


飼育146日目ブリリアントブラック・ネオン
飼育146日目ブリリアントブラック・ネオン

4.ブリリアントブラック・ネオンの写真

水草水槽に泳ぐブリリアントブラックネオン
水草水槽に泳ぐブリリアントブラックネオン
ブリリアントブラックネオンの写真
ブリリアントブラックネオンの写真
混泳水槽 ブリリアントブラックネオン
混泳水槽 ブリリアントブラックネオン


コメントを残す

error: Content is protected !!