グラスブラッドフィン 透明感ある上品な熱帯魚 

1.特徴

グラスブラッドフィンは、透明な体に美しい赤い尾びれが特徴の上品に感じる熱帯魚です。体長は5㎝程度の細身の体系の魚です。性格は温和で、混泳水槽に向いた熱帯魚です。水槽では中層で泳ぐ傾向が強いです。群れで泳ぎますが、カージナルテトラなどに比べると群れる傾向は弱く、同種同士である程度小競り合いしながら一緒に泳いでいるという感じです。水草水槽では、陰性水草にグラスブラッドフィンの透明感ある体色と赤い尾びれがマッチします。また水草を1~3種類とシンプルなネイチャーアクアリウムや石組レイアウトにもグラスブラッドフィンのシンプルな配色が合います。ショップでは、養殖物の流通が多く、安価で購入しやすい熱帯魚です。

グラスブラッドフィン
グラスブラッドフィン

別名
学名 Prionobrama filigera
分布 アマゾン川
体長 5㎝
分類 カラシン
フレーク 顆粒(沈降性があるタイプ)、冷凍餌
価格 100円~
水質 弱酸性~中性
水温 22~28℃
おすすめ度 ★★★☆☆

2.飼育方法

グラスブラッドフィンは、比較的容易に飼育できる種類と紹介されることが多い魚ですが、水質の悪化に弱い面があります。週に1回、水槽の水を3分の1程度を定期的に交換して硝酸塩が蓄積しない水質管理がポイントです。またグラスブラッドフィンは、飛び出し事故が多い魚です。飼育時には飛び出し対策が重要になります。水質は、弱酸性から中性の水質を好みます。底床は、ソイル、砂利どちらとも飼育可能です。購入時は、水温合わせ、水合わせをして、水槽に投入していきます。



餌の与え方

グラスブラッドフィンの餌は、フレーク、顆粒タイプなど人工飼料を与えます。非常に食いつきがよくどの餌でもよく食べてくれます。餌の与え方は1日1回、2~3分で食べきる量を与えるとよいでしょう。餌はひかりクレスト カラシンを与えています。写真は、コリドラスに与えた沈んだ餌を食べています。

3.飼育記録

成魚を6匹購入しました。色の上りは、購入から大きな変化はありませんが、尻びれが白く長くなり美しさが増します。

4.グラスブラッドフィンの写真

水草水槽を泳ぐグラスブラッドフィン
水草水槽を泳ぐグラスブラッドフィン
透明感あるボディに赤のひれが特徴のグラスブラッドフィン
透明感あるボディに赤のひれが特徴のグラスブラッドフィン
グラスブラッドフィンの写真
グラスブラッドフィンの写真


コメントを残す

error: Content is protected !!