ラスボラ・ヘテロモルファは落ち着いた渋みのある魅力ある熱帯魚

1.特徴

ラスボラ・ヘテロモルファは、コイ科の仲間の熱帯魚です。体色の半分が黒く染まり、薄いオレンジに染まる渋みのある熱帯魚です。一見地味に見えますが、独特の美しさがあり、古くから人気の魅力ある熱帯魚です。体色の黒い部分が三味線のバチのような形をしているのが特徴です。体長は、4センチほどになります。水槽サイズは小型水槽から、中型水槽、大型水槽に適した熱帯魚です。群れで泳ぐ習性が強く大型水槽の水草水槽でもよく使われる魚です。性格は温和で、混泳水槽にも適しています。ラスボラ・ヘテロモルファは色の濃い陰性水草によく似あう魚で、10匹程度泳がせることで群れで泳ぐ姿を楽しむことができます。ラスボラ・ヘテロモルファの仲間には、よく似たラスボラ・エスペイがいます。エスペイとの違いは、エスペイは体色の黒の部分が細く、体系も細身です。さらにラスボラ・ヘテロモルファの改良品種にはヘテロモルファ・ゴールドヘテロモルファ・プラチナブルーなど美しいタイプの種類もいます。

ラスボラ・ヘテロモルファ
ラスボラ・ヘテロモルファ

別名 トリゴノスティグマ・ヘテロモルファ
学名 Trigonostigma heteromorpha
分布 マレーシア、インドネシア(スマトラ島)
体長 4㎝
分類 コイ科
フレーク 顆粒(沈降性があるタイプ)、冷凍餌
価格 100円~
水質 弱酸性~中性
水温 22~28℃
おすすめ度 ★★★★☆

2.飼育方法

ラスボラ・ヘテロモルファは、丈夫で初心者にも飼育しやすい熱帯魚です。水質は中性から弱酸性を好みます。底床はソイルが好ましいですが、砂利など中性付近になる底床でも十分飼育可能です。購入した袋を水槽に浮かべて置き、水温合わせした後に、バケツに入れ替え水合わせをしています。水換えは週に1回おこなっています。ラスボラ・ヘテロモルファの寿命は、個体差にも違いますが3年~4年程度になります。

餌の与え方

餌は、フレーク、顆粒タイプの餌など人工飼料を与えるとよいでしょう。写真の個体の飼育では、顆粒タイプのひかりクレスト カラシンを与えています。与え方は一日1回、2~3分程度で食べきる量を与えています。



3.飼育記録

飼育は60センチの規格水槽で飼育しています。底床はアクアソイル アマゾニアを使用しています。購入は6匹、購入当初時から状態の良い成魚でした。飼育から約5月経過しましたが、大きな変化はなく、水槽の前景で群れで泳ぎ楽しませてくれます。比較的飛び出し事故も少ない種類の魚に感じます。

4.ラスボラ・ヘテロモルファの写真

群れで泳ぐラスボラ・ヘテロモルファ
群れで泳ぐラスボラ・ヘテロモルファ
三味線のバチのよな黒の体色が特徴のラスボラ・ヘテロモルファ
三味線のバチのよな黒の体色が特徴のラスボラ・ヘテロモルファ
水草水槽を泳ぐラスボラ・ヘテロモルファ
水草水槽を泳ぐラスボラ・ヘテロモルファ
オレンジ色に発色したラスボラ・ヘテロモルファ
オレンジ色に発色したラスボラ・ヘテロモルファ
落ち着いた陰性水草のレイアウトに合うラスボラ・ヘテロモルファ


コメントを残す

error: Content is protected !!