60cm水槽のレイアウト 水草水槽の立ち上げから202日間経過

60cm水槽は「楽しい水槽」をコンセプトで、いろいろな種類の水草を使った石垣風石組みレイアウトの水草水槽です。レイアウトの立ち上げから202日間のレイアウトの変化や水草の成長、コケ対策などを紹介します。

60cm水槽レイアウト 立ち上げから202日間のレイアウト経過
60cm水槽レイアウト 立ち上げから202日間のレイアウト経過

1.60cm水槽レイアウト経過

1日目

レイアウトのリセットは風山石を使って凹型構図のレイアウトです。

60cm水槽のレイアウトの立ち上げから1日目
60cm水槽のレイアウトの立ち上げから1日目

14日目

60cm水槽のリセット後から二週間経過すると後景左サイドの有茎水草が成長よくなってきます。

60cm水槽のレイアウトの立ち上げから14日目
60cm水槽のレイアウトの立ち上げから14日目

42日目

60cm水槽のリセット後から一か月半、だいぶコケが目立つようになってきています。コケのピークは3週目~4週目あたりがコケのピークでした。成長の早い有茎水草にはコケはつきませんが、アヌビアスナナなど成長が遅い水草の葉に細かい糸状のコケが発生しています。

60cm水槽のレイアウトの立ち上げから42日目
60cm水槽のレイアウトの立ち上げから42日目

94日目

60cm水槽のリセット後から約三か月、後景右サイドのミクロソリウム・ナローリーフが非常に美しい状態になりました。ミクロソリウム・ナローリーフの茂みは流木に活着させてレイアウトに使うことができます。コケの発生もだいぶおさまり、全体の水草の成長もよくなってきました。

60cm水槽のレイアウトの立ち上げから94日目
60cm水槽のレイアウトの立ち上げから94日目

114日目をすぎるとオーストラリアン ノチドメの成長にスイッチがはいり、綺麗な前景の茂みを作りました。

オーストラリアン ノチドメ
オーストラリアン ノチドメ

139日目

60cm水槽のリセット後から約四か月、水草全体の成長がよくコケもでなくなり調子が良い状態です。しかしミクロソリウムがシダ病になってしまいかなりひどい状態に、3月の暑くない季節でしたが、ミクロソリウムの成長のピークがきてからシダ病が突然発生してしまいました。こまめに葉のトリミングが必要でした。

60cm水槽のレイアウトの立ち上げから139日目
60cm水槽のレイアウトの立ち上げから139日目

左サイドの有茎水草をトリミング、トリミングは水草の下部の茎の状態を見ながらカットしています。枯れてしまったり、茎が細くなってしま部分は引っこ抜き差し戻しをしています。

167日目

60cm水槽のリセット後から約五か月半、トリミングを繰り返し維持しています。

60cm水槽のレイアウトの立ち上げから167日目
60cm水槽のレイアウトの立ち上げから167日目

右サイド明るいグリーンの茂みはグリーンロタラ、中央の茂みはニューオランダプラントです。

水草の状態 60cm水槽レイアウト
水草の状態 60cm水槽レイアウト

178日目

60cm水槽のリセット後から約半年、水槽全体に水草が茂り見ていて楽しめる水草水槽になりました。

60cm水槽のレイアウトの立ち上げから178日目
60cm水槽のレイアウトの立ち上げから178日目

明るいグリーンの水草はミリオフィラムsp.ガイアナドワーフ、赤く染まる水草はニードルリーフ・ルドウィジアです。どちらとも非常に美しい人気のある水草です。

ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフとニードルリーフ・ルドウィジア
ミリオフィラムsp.ガイアナドワーフとニードルリーフ・ルドウィジア



202日目

60cm水槽のリセット後から202日目、トリミングを少しさぼるとあっというまに水槽がジャングルになってしまいます。

60cm水槽のレイアウトの立ち上げから202日目
60cm水槽のレイアウトの立ち上げから202日目

2.60cm水槽 水槽データ

60cm水槽は2009年に立ち上げ約10年使い続けている長期維持した環境です。底床の富士砂も10年使い続けています。水槽サイズが60cm×45cm×45cmと通常の60cm水槽より高さと奥行きがあり水草水槽のレイアウトとしては非常に扱いやすい水槽サイズを使っています。フィルターは、外部式フィルターを使っています。水槽サイズより一回り大きなエーハイム2217とサブ2217を連結することで濾過槽を大きくしています。通常の60cm水槽であればエーハイム500がおすすめです。照明は、蛍光灯を使っていますが最近は光量が強いアクロシリーズのLEDのトライアングル ブライトを使っています。

60cm水槽 キューブガーデン
水槽サイズ 60cm×45cm×45cm 6mm
水量 112L
重さ 約120kg
照明 20W×4灯(NA LAMP)
底床 富士砂
CO2:添加時間 1秒に1滴 7時間
外部式フィルター エーハイムクラシックフィルター 2217
サブフィルター エーハイムサブフィルター 2217
メインフィルター用 ろ材 エーハイムサブストラットプロ
サブフィルター用 ろ材 エーハイムバイオメック
チャーム本店
チャームで60cm水槽 60cm×45cm×45cmの価格を確認する
iconチャームでエーハイムクラシックフィルター 2217の価格を確認する
iconチャームでエーハイムサブフィルター 2217の価格を確認する
iconチャームでろ材 エーハイムサブストラットプロの価格を確認する
iconチャームでろ材 エーハイムバイオメックの価格を確認する
icon
楽天で60cm水槽 60cm×45cm×45cmの価格を確認する
楽天でエーハイムクラシックフィルター 2217の価格を確認する
楽天でエーハイムサブフィルター 2217の価格を確認する
楽天でろ材 エーハイムサブストラットプロの価格を確認する
楽天でろ材 エーハイムバイオメックの価格を確認する

アマゾンで「60cm水槽 60cm×45cm×45cm」の価格を確認する
アマゾンで「エーハイムクラシックフィルター 2217」の価格を確認する
アマゾンで「エーハイムサブフィルター 2217」の価格を確認する
アマゾンで「ろ材 エーハイムサブストラットプロ」の価格を確認する
アマゾンで「ろ材 エーハイムバイオメック」の価格を確認する

3.60cm水槽 水質データ

水質測定はパックテストバイコム スターターテストキットで測定しています。水槽の水はエキスパートマリン 75を使って水替えをしています。エキスパートマリン 75を使い水を軟水に維持することで、水草の育ちやすい環境をつくっています。

水温 Temperature 24.5℃
PH 6.9
炭酸塩硬度 KH 1°dH
アンモニア NH3/NH4 0
亜硝酸塩 NO2 0
硝酸塩 NO3 0.5ppm
リン酸塩 PO4 0
伝導率 TDS 53ppm
有機物量 COD 0

4.コケを出さないための管理方法

60cm水槽で飼育している熱帯魚は2cm~5cm程度の大きさの魚が100匹近くいます。そのためコケが発生しやすい水槽です。コケを発生させないために、1日1回の餌やり、週に2回の水替えをおこなっています。さらに水草の光合成を高めるためにCO2添加、強い光量を与えています。肥料はできるかぎり水質でコントロールできるように現在は液肥だけで水草を育成しています。液肥の添加方法は水替え時に適量を与えています。水草動画のコケを出さないための管理方法は綺麗な水槽を作るための管理方法をご覧ください。

コケを出さないための管理方法
コケを出さないための管理方法

次回は60cm水槽のレイアウトをプチリセットの紹介です。


One thought on “60cm水槽のレイアウト 水草水槽の立ち上げから202日間経過

コメントを残す

error: Content is protected !!